Webエンジニアとして活躍するために

スキルセットとは?

Webエンジニアとして活躍するためにはスキルセットの質が重要です。スキルセットが何を指すのかは、言葉の雰囲気からなんとなくイメージすることができますが、「スキル」と「スキルセット」の何が違うのかがわかりにくいという人もいることでしょう。そこで、スキルセットに含まれる具体的な要素について考える前に、まずスキルセットとはそもそもどういうことなのかしっかり理解しておきましょう。

スキルセットとは?

スキルセットとは

スキルセットとはスキルセットとは、専門的な知識や技術一式のことを表すIT関連用語です。Webエンジニアであれば、プログラミング言語についての知識、コンピュータに関する知識、コーディング技術、マネジメント能力、ビジネススキルなどいくつものスキルが必要になります。そのように、職種に対して必要なスキルをまとめて「スキルセット」と呼びます。では、Webエンジニアならこのスキルセット1つあればそれでいいかというとそうではありません。ITに関する知識や技術は日々進化し続けているものなので、一度習得すればそれが一生もののスキルになるということはなく、ソフトウェアをアップデートするようにスキルセットもアップデートしていかなければ現場では通用しません。

Webエンジニアのスキルセット

Sierのように分業体制がしっかりしていれば、自分に与えられた役割に特化した仕事に集中することができますが、Webエンジニアの場合は違います。プロジェクトの立ち上げから計画、システム設計、実装、テスト、運用と全ての流れに関わっていかなければならないので、「コーディングだけならできる」や「マネジメントはできるけど技術のことはよくわからない」など、スキルが偏っていると仕事になりません。エンジニアの中にはコンピュータと向き合うのは得意でも、人と向き合うのが少し苦手という人も少なくありませんが、Web業界で働くなら高度なコミュニケーションスキルも必要になると思っておいた方が良いでしょう。
どのスキルも全てスペシャリスト級のレベルならそれに越したことはありませんが、エンジニアとしての専門性の高さと、ビジネススキルがバランス良く備わっていればWebエンジニアとして活躍することは十分に可能です。

ビジネススキルとは

どんな仕事もビジネスなので、ビジネスマナーの基本やコミュニケーション力、理論的思考力、問題解決力など、一般的なビジネススキルもスキルセットの一部として持っておくべきものです。扱う業務が専門性の高い分野なので、専門知識のない人に対してもわかりやすく説明できるよう、相手のニーズや理解できていないことを察知し、どうすれば認識を共有できるかを考える力も必要です。専門職なのでつい専門知識に偏りがちですが、幅広いスキルを取り入れることがWebエンジニアには求められるのです。