Webエンジニアとして活躍するために

SierからWeb系への転向について

SierからWeb系への転向を成功させるかどうかは、準備の質が大きな影響を及ぼします。同じIT業界ということで油断したままでいると、求められるスキルセットの差を埋めることができず、Webエンジニアに転向しても失敗に終わってしまう可能性があります。一方で転向を成功させることができる人は、情報収集とスキルアップのための努力を惜しまず、積極的に考えて行動していることが多いものです。失敗と成功の両方の傾向を比較してみると、自分が今どうすべきかが見えてくるかもしれません。

  • 失敗:転職準備ができていない

    失敗:転職準備ができていない

    SierからWeb業界への転向で失敗してしまう人の特徴で共通しているのが「準備不足」という点です。Web業界は日々めまぐるしく変化していて、新しい技術を活用した開発に積極的です。外側からは面白そうな世界にも見えますが、興味ばかりが先行してスキルセットの準備もないままWeb業界に入ってしまうなら、Sierとのあまりの違いに戸惑ってしまうかもしれません。同じIT系だからスキルは転職してからでも大丈夫と安心していると、大きな失敗をしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

    詳しくはこちら
  • 成功:情報収集がしっかりできている

    成功:情報収集がしっかりできている

    業務のあり方が全く違うSierとWeb業界の両方の現状について正しく理解し、情報収集をしっかりと行うことができるエンジニアは、SierからWeb業界への転向もスムーズです。情報収集をするためには、Sierとしての日常から外へ出て自ら行動しなければなりません。そのためによく活用されているのが各種セミナーや勉強会です。エンジニアが集まるそのような場ではWeb業界で働く人との交流もあるので、現場の生の声やWeb業界の現状を聞くことができます。

    詳しくはこちら