Webエンジニアとして活躍するために

Web系の魅力について

エンジニアとしてもっと技術をフル活用できる仕事がしたいのに、Sierではマネジメント中心の毎日で仕事のやりがいを見失っているエンジニアは少なくありません。こんなはずではなかったと思いつつも忙しい日々に流されて時間ばかりが過ぎてゆくと、このままでいいのだろうかと焦りを感じることもあるでしょう。このサイトでは、そんなエンジニアがSierを出てWeb系の世界に飛び込むためのノウハウをご紹介していきます。

Web系の魅力について

Web系への転職希望者が増加中

Web系への転職希望者が増加中いつでもどこでもインターネットができるようになってからというもの、Web業界の勢いは止まることなく進化し続けています。斬新なサービスが生まれればそれに追随して類似したサービスの競争が激化し、また新たなサービスが次々に生まれるなど、スピード感があるのがWeb業界の特徴です。そんな世界に魅力を感じて転職を希望するエンジニアは増え続けています。

Webエンジニアに憧れる理由

SierもWeb系も同じIT関係の仕事ですが、Sierの場合はプロジェクト管理がメインで、プログラミングなどは下請けの仕事です。Sierはウォーターフォール型の開発手法で長期的にプロジェクトを進めるので、プロジェクト管理には細心の注意を払います。作業はタスクとして細分化する分業体制が基本で、当初作成した仕様に忠実にプロジェクトを進めていきます。Sierにいる限りエンジニアとしてのスキルアップの必要もなければ機会もないため、ものづくりをやりたいと思っている人にとっては物足りなさを感じてしまうのも無理はありません。
一方のWeb系は、Webエンジニアが要件定義から運用・保守まで一貫して手をかけるので、エンジニアとしてのスキルセットを存分に生かすことができる魅力的な環境です。そのため、Sierでの仕事に疑問を感じているエンジニアが転職先としてWeb系を希望する人が増える傾向にあるようです。

Sierの感覚のままではWebの仕事はできない

Web系の現場では上流工程も下流工程も関係なく、日々生じる変更にも柔軟な対応が求められます。スキルのレベルが高い方が良いことは確かですが、スキルに偏りがあり過ぎてしまうとその他の事態に対応しきれないことにもなりかねず、Webエンジニアとして活躍するのは難しくなります。Sierとは逆の発想が必要になることも少なくないので、転職にあたってSierの感覚をそのまま持ち越すことなく、Webエンジニアとしてのスキルセットを強く意識する必要があります。
Web業界で働く人は全般に年齢も若く、昔ながらの会社のあり方とはまるで違う自由度の高い環境なので、憧れだけで目指すのではなく業界の現状をよく理解し、よく準備をした上でチャレンジすることが大切です。