Webエンジニアとして活躍するために

失敗:転職準備ができていない

SierからWeb業界への転向に関心を持つエンジニアは年々増えています。Webエンジニアの需要も多いので、もともとSierで働いていいた人ならば有利に思われがちですが、SierとWeb業界ではスキルセットに違いがあるので、安易な気持ちで転向すると失敗するリスクがあります。

失敗:転職準備ができていない

失敗する人の多くは準備不足

失敗する人の多くは準備不足同じIT業界という安心感なのか、Sierでの経験がそうさせているのか、全く準備することなくWeb業界へ転職しようとしてしまう人もいますが、やはり失敗してしまうことが多いようです。Sierの場合、実質上の仕事はマネジメント業務である一方で、Webエンジニアは実装も含む全行程に携わるのが基本で、業務のあり方そのものやスピード感がまるで違います。その違いを理解しないままSierの時と同じ感覚で転職してしまうなら、すぐに大きな壁にぶつかってしまうことになるでしょう。

SierとWeb業界の業務の違い

Sierで手がけるプロジェクトは、できる限り作業を細分化することによってタスクの数を増やし、スキルがそれほど高くないエンジニアの数を確保して仕事を振り分けていきます。実装作業は下請けからさらにその下請けへと広がり、発注元のSierで働くエンジニアは技術的な部分に関わることなく、事務的な仕事がほとんどになってしまうことが少なくありません。そのため、エンジニアとしてのスキルが多少あったとしても、それ以上成長する必要もなければ機会もないというのが現実です。
Web業界はSierとは全く逆で、同じスキルの焼きまわしをしていたらあっという間にライバルに追い越されてしまう厳しい世界です。変化に即座に対応できるエンジニアとしての瞬発力も求められますし、新たな発想を生み出せるだけの柔軟な思考力、最新技術への探究心など、手も頭も常に動かしているような状態なのです。

「刺激的で面白そう」では失敗する

システム開発という枠組みで見れば、どちらもクリエイティブな仕事ではありますが、プロジェクト全体が大きなシステム化しているSierの中にいると、それぞれが自分の仕事をこなすだけの単調な日々がつまらなく感じることもあります。そうすると、変化のめまぐるしいWeb業界がとても面白そうに思えてくるかもしれませんが、ただ面白そうというイメージだけが先行してしまい、スキルは転職してからとのんびり構えていると、あまりの違いについていけずに挫折するということは十分考えられることです。

年齢の壁を意識しないとタイミングを逃すことも

いつかはWeb業界に転職しようと思っているうちに2年3年と時間が過ぎてしまい、気づけば30歳を超えてもまだSierでせわしない日々を送っていたという人を積極的に採用したいWeb系企業があるかというと、全くないとは言いきれませんが、ほとんどないと思った方がいいでしょう。Web業界ではスキルセットとキャリアは重要なので、年齢とキャリアのバランスもよく考えておくことが大切です。